スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垂涎の生活風景

本日はウオーキング。「三社参りの道」と呼ばれるこの道は「清里開拓の道」とともに高根町の2大里山コースです。がっつり雪の残る日本の正しい田舎「清里樫山の集落」は青い空の下に白く静かにたたずんで、キリリと澄んだ空気に満ちておりました。
ひときわ「風の三郎社」が異彩を放っておりましたが、ここは宮沢賢治さんの「風の又三郎」のヒントになったところであると、私は信じています。雪景色の美しい風景と今日の様子を風路さんがブログUPしてくれています。

今日のイベント呼びかけ人は「森ぴか」という一風変わった名前の「蕎麦屋」の女主人花田さんです。彼女はホントに不思議で、楽しく、バイタリティがあって、次々に何かをやり、何かをつくり、店の活性化と、自分の活性化と、地域の活性化を常に考えて行動している。興味の範囲が広く、人脈が多様で、知識(というより教養だろうか)の奥が深い。

彼女はいろいろあって、東京のある私鉄沿線の大きな町の駅前ビル1Fに、八ヶ岳の手作り物産を置いて販売する「市場」のようなスペースを確保したのです。「誰の誰衛兵が作った野菜」というようなものを売るわけですが、店の壁に八ヶ岳の映像を流して雰囲気を盛上げようということを考えています。
その映像は「八ヶ岳の四季折々の美しい自然」というようなものでなく、「市井に暮らす人々の日常の姿」でなければならない、という哲学をお持ちだからスゴイじゃありませんか! 全くそのトーリと私は深く頷き、思い切り膝を叩き、拍手を送ったのであります。

婆さんが自分の小さな畑でトマトなどを栽培している。時折り腰を伸ばして空を見上げているのは雨を気にしているのか。その時カメラに気がついてちょっとはにかみニヤっと笑う。「あんたもコレ食べねが」なんていってトマトをもいでカメラマンに差し出す・・。なんていうのどう?ってコレ今私が考えたんだけど、八ヶ岳の美しい自然などを映し出すより、そんな映像を流して、実際に目の前にその婆さんの作ったトマトが置いてある、なんていったら皆買うんじゃないか?

昔地域にあった「三社まいり」という土俗の風習を映像におさめてそれを流す、というのもアイデアの一つだったが、今日はカメラマンがどうしても来られなくなって、私たちはただ歩くだけになってしまった、というのが今日の本当のところ。まぁよかった、カメラマンが来なくて。だって今日は映像として美しすぎた。ウソと思われてしまう。この美しさも又この地域の本当の姿だが、きっと都会人には「そういう美しい日にあわせて映像を撮った」とヤラセ的に思われてしまうだろう。雪が解けて春になる前の、な~~んにもない田舎の姿がいい。そこを「三社まいり」で歩くのを撮ろう。それだって都会人には垂涎の生活風景だ。

森ぴかさんの「事業」に参加したい、興味がある、と思った方は、どうぞ遠慮なく森ぴかさんに連絡して見て下さい。ただし、「いいもの、ほんもの、すきなもの」を提供しなくちゃダメですよ。「垂涎の生活風景」にはやっぱり「ほんもの」が似合うのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつも楽しんで拝読しています。楽しげなイベントには心ひかれますが、仕事柄なかなか外に出ることができません(涙) 今回の「三社参りの道」にも心ひかれます。八ヶ岳の山麓の歴史、人が暮らす視点からみた歴史を学ぶ講座のような企画があれば
参加したいのですがーーーあまり見かけません。ぜひ、お願いします!

羊子様、はじめまして(でしたっけ^_^;)。
かきこみありがとうございます。
>人が暮らす視点からみた歴史を学ぶ講座
ありがとうございます。これは楽しい講座となりますね。
ごくまれに近所のNPOが実施していて、割と人気があります。
歴史の表舞台にはでませんが、町誌や村誌等編纂時には外せない出来事は無限です。「鉄道が来た日」「道が開通した日」「神楽や神事の来歴と現在」「終戦時に起きた山津波の惨状とその後」「記紀にみる八ヶ岳」「遺跡が語っていること」「開駅と街並みの変遷」などなど、語り継いでいきたい地域の物語が沢山あります。古老達がいなくなるまえに、講座が開ける機会があればいいですが・・・。

私も、八ヶ岳に行くようになってというより歩こう会に参加して、歩きながら散策することのすばらしさを感じています。
私の田舎の事について何も知らないことを感じることと、今すんでいる街についても知らないことだらけであることを感じています。昨年末この地の開拓の歴史の一端を聞く機会があり、石碑のあるところに行って見ました。足元についても知りたくなりました。
でも、八ヶ岳は景色が好いのが一番ですね。
私鉄沿線の「市場」を訪ねてみたいです。

san.sanさん、こんにちは。
10日、お待ちしています。
「私鉄沿線の市場」は6月正式オープンだそうです
いま、八ヶ岳の食材やらなんやらかき集めている最中だそうです。
決まったらお知らせします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。