スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の道

白馬山麓の5月。いや~素晴らしかったですね~。
八ヶ岳山麓とは違った趣の里山風景。日本に生まれてよかったなぁ(*^^)v
5-10-8s.jpg

そして相変わらず八ヶ岳歩こう会の仲間たちのカラフルなスタイル。
こちらも「山麓の5月」に負けない彩。
70代も5,6名含まれるご一行様とはとても思えません。
5-10-6s.jpg
全7回に分けて行われている「塩の道」ウオーク。本日はその第四回目。今回から最終回まではバスを利用したウオークとなりますので、皆の気分はもう遠足♪ 雨の予報が覆って、曇りながら爽やかな気候となったこともあり、足取りも軽く「牛の道」を行く
5-10-5s.jpg
重い塩を運ぶのにキツイ峠が続くこのあたりは「馬」では到底無理なので、牛が使われたそうです。なので「牛の道」。へ~、牛の方が力持ちなんですか・・。そういえば街道沿いに「牛方宿」と言って、牛と一緒に泊まれる宿が残っていた。中を拝見させていただいたが、庄屋さんの家のような、立派な造りでありました。

う~む、それにしても本日は初夏なのか早春なのか。一輪のコマクサと水芭蕉の群生。燃え始めた木々の梢の薄緑色の中に満開の八重桜!? 一日歩いていても飽きないニッポンの風景でした。
5-10-2s.jpg

で、何故か道祖神に大黒様が多かった。なんでだろうね
5-10-7s.jpg

途中「農村生活マイスター」というオバサンに出会った。もみがらでお米を炊く練習をしているのだとか。米をもみがらで炊くとものすごい美味しいのだそうです。炊いた後のもみがらは畑に撒くと土壌に良いそうで、一石二鳥であるそうな。しかし炊き方が難しい。つきっきりで火を見てないとダメなんだそうです。で、まだご飯を炊く時間ではないのに練習に余念がないという場面なのであります。ちなみに「農村生活マイスター」というのは県の認定制度なのだそうです。なんだか楽しそうだなぁ、オバサン、頑張ってくださいね。5-10-4s.jpg

帰路、バスに乗ったら雨が降ってきた。いや~ついてます。日頃のオコナイですね~と各々言いつつ、帰ってきたのでありました。皆様お疲れさまでした。本日はマコトニ楽しゅうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。