スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほ、ホントに知らないの?「山小屋の灯」

先日「下見の下見」に行った霧が峰。本日は「下見の本番」です。
私を含めて5名で「下見の本番」に出かけました
5-27-1k.jpg
天気も良く、下見は順調でしたが、前回の下見の時に私が感激した
この歌碑の前で、私は絶句
5-27-2k.jpg
歌碑は「山小屋の灯」の歌詞。3番までしっかり書かれています。「この歌はここが舞台だったのかァ!?」と私が感激していると、他の4人は全員「それって、どんな歌ですか」なんて言うんですよ!!「えええ~~っ、しらないのぉ~」と私は絶句。「メロディ~を聴けば思い出すかもしれません」というのでワタクシメがしっかり歌ってあげました(*^^)v でもやっぱり知らないのでした(T_T)
エエ~ッ、と私はまた絶句。茫然。こんな名曲をどうして知らないのだろうか?ちなみに一番上の写真の館を経営している若夫婦も知らなかった。近くに歌碑があるんだから「勉強」しておきなさいネ。

それにしてもみなさん、登山とか、キャンプとか、バスハイクとかで、歌わなかっただろうか?山やキャンプなどのアウトドアシーンで皆で同じ歌を歌うというよき風習(?)は昭和時代で終わったのだろうか? この歌はそんなときの定番だったのです。
あ~、「灯や 昭和も遠く なりにけり」

「本番」は7月下旬に行われるが、参加者の多くが「中高年」だと聞いたので私はガゼン張り切り担当氏に「この歌の歌詞をプリントして皆さんに配ってください」と御願いした。
グフフ、当日はこの歌碑の前で全員で歌ってやるぞ(^_-)-☆と決定。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。