スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつきゆきえさん「風の又三郎」を読む

賢治の朗読といえば「おつきゆきえ」さんです。
そのおつきさんがめったに演じないだしもの
「風の又三郎」を、ついにここ八ヶ岳の麓で朗読してくれることになりました♪
moripika1.jpg
6月15日(火) 16:00からです。 場所は八ヶ岳の麓、高根町の蕎麦処「森ぴか」
「八ヶ岳で」というのが大事なところです。
「風の又三郎」は八ヶ岳南麓清里の樫山集落あたりが舞台のヒントになった、といわれています。
この地域に伝わった「三社まいり」の風習と「保坂嘉内」の存在がその説を有力なものにしています。
ゆきえさんファンでもめったに聞けない「風の又三郎」を是非聴きに来てください。

同時開催で「久保田二雄」の「風の三郎展」があります。
久保田画伯は実際に八ヶ岳の「風の三郎社」をめぐるコースを歩いて、
この絵の発想を得ました。
朗読とともに、絵画の方もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もちろん行きます!

風路さん、おまちしていま~~す♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。