FC2ブログ

清里開拓の道

清里には開拓の恩人が二人います。清里開拓の父とも母とも呼ばれるその偉人達の業績はNHK「プロジェクトX」で取り上げられてもおかしくない、いや、むしろ取り上げるべき人たちであったと思わる方々です。どうして清里の方々がNHKへ売り込まなかったかなぁと今となっては残念に思いますが、私も思いつかなかったのでヒトのことはいえません。
偉人の一人ポール・ラッシュ博士のことは地元ではよく知られていますが、もう一人の「安池興男」さんの方は何故か地元でも案外知られておりません。
本日のウオーキングはお二人の足跡を訪ねる「清里開拓の道」コース。これは「日本の歩きたくなる道500選」として山梨県内で10コース選ばれている道の一つです。
私はもう何十回とお客様をご案内して歩いていますが、皆さん必ず大感激してくださるのが分かっているので、この道を案内するのが楽しくてしかたありません。今日は日本全国から50名の方が清里駅に集まってくれました。
何故「必ず感激してくださる」と分かっているかといえば、特に「安池興男」さんについて涙を流しながら話してくださる語り部「山田さん」がいらっしゃるからです。
私がこのコースをご案内する時は必ず山田さんにお願いして途中で「開拓物語」を聞かせていただく時間を設けますが、これが必ず喜ばれるのです。山田さんは開拓の恩人安池さんとも面識のある方ですからその語り口には熱がこもります。時に開拓の方々の苦労を思いやる涙を流し、恩人安池さんを思い出す目にも涙が溢れます。「清里開拓」の話を「秘話」で終わらせたくない、なんとか広く後世に伝えたいという情熱が伝わります。
ここに開拓物語を簡潔に記した書き物があります。皆様は是非これをお読み下さい。若者達であふれる今の清里に実はこんな苦労話の歴史があったのだとぜひ分かって欲しいのです。歴史をしった上で清里を訪れてくださればきっと目に映うものも違った意味
になるだろうと思います。
で、本日の話
500-4.jpg
清里駅前の公園に集まった善男善女。本日のコース説明とストレッチをして出発
500-3.jpg
涼しい涼しいと言ってくれます

山田さんのお話がはじまりました
山田さんのお話を聞きます。
今日は開拓ゆかりの神社の境内で聞きます
500-2.jpg
興民館館長がとれたての牛乳の差し入れをしてくれました。

そんなわけで前半は安池さんを巡るお話とコースを堪能

コース後半はポールラッッシュの話を私が清泉寮前でおこない、無事一日が終了。

ちょっと時間切れになってしまったのでポールラッシュの話はまた別の機会に。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント