スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり

北杜市明野町のひまわり畑がただいま満開中ということなのでちょっと視察に出かけてきました。う~ん、正直いうと期待はずれ。何が期待はずれかというと、ひまわりじゃなくて、ひまわりを見に来られる方々に対しての歓迎体勢。おもてなしの姿勢。まあね、色々事情があるのは分かりますが、トイレの問題、駐車場の問題、出店の「魅せ方」などなど、全体として「わくわく感の演出」が無いし、「お金の落としどころ」もない。それにそもそも「ひまわり畑を一望するという観光形態」だけに日影がなくてただ暑い。諸々の条件から、観光客の滞在時間が短いという結果になってます。
提案ですが、この時期だけシーニックデッキを何箇所か設置してオープンカフェを出現させるというのは如何でしょうか。しゃれたデッキにパラソルを用意。「ひまわりソフト」や「ひまわり茶」「ひまわりスイーツ」などを出すウエイトレスは「ひまわり娘(どんなん^_^;)」。立地は茅ケ岳の裾野だけに、ひまわり畑の遠景の山岳展望がよい。お茶を飲みながらしばらくたたずんで景色を満喫していただけることウケアイです。又、「ひまわりの散歩道」なんていうのを何本か設けて、お客様を歩かせた方がよいですね。現況ではお客様はどう動いて良いか分からず、ただウロウロ。整然とした動線がなく、それでなくとも何台もの観光バスがあわただしく出たり入ったりしていて落ち着きの無い観光地になってしまっているので、せっかくの美しい景色にも癒されない。惜しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 どっかのひまわり畑で迷路を作ったものの、出られないお客さんが続出して困ったという話を、以前に聞いた事がありますです、ハイ。

それいい♪ 花畑の迷路で遊ばせる! 最後には出られる工夫を仕掛けておけば問題ない。そのアイデアいただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。