担当者不在でわかりません

市の企画課が主催する婚活プログラム。
本日そのことで参加希望者から私の所にクレームメールがきました。
内容は、企画課全員にプログラムのことに関する知識や情報が行き渡っていなかったことに起因していた。
私は自分のHPでそのプログラムを応援していたので、拉致があかないと思った参加希望者が私の所にクレームをよこしたのでしょう。すぐに企画課に電話したが、案の定「担当者不在でわからない」といわれてしまった。それで答えになっていると思う神経がわからない。同じ企画課で同じ電話をとれる範囲に(おそらく)座っていてそれで「担当者がいないからわからない」と答えていいというのは一般の会社では通用しない。市役所とはまったく頭も神経もつかわないで仕事ができるシステムだ。私が「クレームです」と言ってメールの内容を伝えているにも関わらず、電話に出た男の言葉遣いは「ウン、ウン、」という軽い相槌で返答している。相手が誰であれ、こちらが「クレームです」と伝えているのだからもう少し居ずまいを正した返答の仕方があるだろう。その無責任さと無礼さを叱ったらやっと「ハイ」と言う返事になった。役人は市民からの電話には、それがクレームの電話であっても「ウン」と答えるように教育を受けているのだろうか。百歩譲って担当以外の仕事の内容は分からなくてもいいかもしれんが、少なくとも電話の応答くらいはキチンとしていただきたい。電話の仕方を職員全員で勉強するよう市長に伝えなきゃいかんか。しっかりしろ、北杜市役所職員!(ワタシ、相当アタマきてます 問合せした方の困惑とお怒りももっともだろうと想像できます)

仕事が残っているのでちょっと頭を冷やしに散歩。やれやれ・・・。おっ、「半分だけUFO雲」と金星。東の空には入道雲。空はいいなぁ、いつ見上げても♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も以前、企画課に電話して同じような返事をもらったことがあります
その時は、「担当の○×△さんは、何時ころ席に戻りますか?」と聞き、
「今日は在宅していますので、折り返し電話を頂けますか?」と話したら、
「折り返し電話をするかどうかは本人が決めることなのでわからない」と返事された!!!
切れそうになったが、、、「本人が決めるのはわかりました!でも、伝言メモには、私が折り返しの電話を希望していることは書いてください」と言い電話を切りました!
その時は、担当者から電話があったのでそのままにしましたが、、、;

 役所関係に、民間のような対応を求めても、無駄なだけです。私は仕事でいつも彼らには、腹が煮えくりかえる思いをしています。別世界の生き物だと、割り切っていますよ。

shappyさん、今晩は。
最悪の電話応対ですね。
どうやら彼らは電話応対の基本を学んでいないようです。
一般の会社だとそういったトレーニングがあるか又は、口うるさい先輩社員がいて、しっかり教育されるのですけどね。
「社内教育」という考え方やシステムが役所にないとしたら相当問題です。

けーたさん、今晩は。
けーたさんの仕事柄きっと役所と関係する場面は多いでしょうね、ご愁傷様です(~_~;)
ワタシのようにいちいち腹を立てていたら仕事にならないのでしょうが、しかしやっぱり、「割り切って」対応しちゃいけません、相手が非礼なら叱るべきです。「叱らない大人」が増えているのも問題なのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます