焼肉屋にて

地元で人気の焼肉屋へ。
5-13-1n.jpg
メニューから消えていると思ったユッケがあった。
注文しませんでしたけど。

花金という言葉は今でも生きているのだろうか、私たちが行った時は運よく1テーブル空いていてすぐ座れたが、その後90分ほどの滞在時間中ずっとウエイティングだった。すごいネここは。

来週も夜の会議が多く、娘に満足な夕食を食べさせてやれない日が続く予定なので、本日はその代わりにチョイとゴチソウを、というワケです。

近くに美味い鮨屋があれば、私はそこに行きたいんですけど、無いんだなぁ、これが・・・。子供たちは鮨といえば回転寿司しか知らないので(というより、私たちが鮨屋に連れてってないんですけど)、鮨というのが「ゴチソウ」の部類に入ってないのであります。失礼だなぁ、鮨に。

「焼肉店」っていうのは一体いつ頃から日本人の食文化の中に侵入してきたのだろうか。少なくとも私の子供の頃は身近に無かった。明治大正の小説や随筆を読んでも多分「焼肉店」というのは出てこない。昭和初期でも出てこないだろうと思う。「鮨屋」や「スキヤキ店」などと違って「焼肉屋」はなんとなく労働者階級が行くところ、というイメージではなかったかなあ。内田百先生の本にはまず出てこないだろう。池波正太郎もしかり。もし彼らが焼肉を食べていたとしてもきっと「その晩はタカジアスターゼを飲んで寝た」くらいのことを書いて終りだろうと思う。開高健や山口瞳あたりになるとまじめに取り上げていそう。ショージ君ならきっと軽快な話題にしていると思いますね。ショージ君が焼肉屋に入ってまず何を注文し、どう焼いて何から食べて何と言うか、興味があるなぁ。それと「三丁目の夕日」ではどういう扱いになっているか調べて見たいものです。

なんてなことをネ、娘の話をききながらぼんやり思っていたのであります。
それにしても娘の話は最近ちゃんと起承転結があって、おもしろく聞けるようになった。
小学校の頃は多分話したいことが沢山ありすぎたのだろう、キーワードと接続詞だけが早口で羅列され、文体が少しも形成されていなかった。何を言いたいのか全く伝わらずどうなることかと思ったが、ヒトは成長するものだ。

かみさんから電話があった。光明が見えそうだが、一進一退。まだ何の結論もだせない。次の検査は2週間後。ま、ゆっくりあせらず。そのうち最善の方法が見つかるでしょう。

奇跡の海に原発計画

長野智子さんのツイッターで知った本日必見の番組「奇跡の海に原発計画」 テレビ朝日17:00からです。
以下は長野智子さんのツイッターより
「 今日17時からは「ドキュメンタリ宣言」、上関原発取材を放送します。原発建設に揺れる山口県上関町。福島第一原発事故を受けて、地域住民のいまの率直な思いとは。そして今後の原発建設の行方は…自然豊かな祝島の島民・また推進派住民の現在をお伝えします。」
これは「長坂に映画館を作ろう運動」をたった二人で(^_^)v展開している友人‘ペンション風路’のご夫妻が先日自主上映会を行ったところの映画「祝の島」のその後、といった感じのドキュメントになるだろうか。ゼッタイ見なければ。

なを「上関原発計画」については「ミツバチの羽音と地球の回転」という自主映画も作成され、今全国各地で話題沸騰上映中です。北杜市長坂町での上映会は下記のごとし。チケットは風路(0551-36-3826)さんまで。

2011年 5月 22日 (日曜日)
場所山梨県北杜市長坂町長坂上条2575-19 (地図)
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会​in北杜市
【会場】長坂コミュニティホール/長坂町長坂上条​2575-19
【プログラム】第1部13:00上映/第​2部16:00上映/第3部19​:00上映(開場はそれぞれ30分前)
【参加費】前売1000円/当日​1200円/高校生・70歳以上​700円
【主催】「ミツバチの羽音と地球の回転」を北杜市で観る会
【問合せ先】風路/0551-3​6-3826/furo●kob​uchisawa.gr.jp ●を@にしてください

これを「情報」というのです。

会社勤めをしていた30年以上前、上司から「情報とは」と問われ、あいまいな返事をしどろもどろしていたら「現場の実情だ」とキッパリ言われた。その時は「ふ~ん・・・」という程度だったが、30年以上経った今、そのことがやっと理解できた。まさに「情報」とは「現場の実情」であったのだ。
ツイッターを通じて知ったある看護師の魂のドキュメントをお読みください。

9月1日

■なんのせいだか知らないが、お酒の抜けがだんだんスカっといかなくなってきた。昨晩の冷酒2本で朝から頭と胃がもやもやしているが、数年前ならありえない話だ。

■花粉症かな、私は秋の花粉症なのであります。今年は暑いので花粉症はどのようにずれ込むのかとおもいきや、例年通り、9月1日にピタリと狙いを定めてキタ。おみごとですね~。「ロートアルガードクリアブロック」で応戦。こいつは効きますね。

■長女が帰ってきたので皆で焼肉屋へ。ところで、ちょこっと家族で食べに行こうかという時、やっぱり「焼肉屋」ということになるのかなぁ・・世間の皆様は一体どういう行動をお取りになっておられるのか。どうでもいいことだけどなんとなく知りたい。私が子供の頃に「外食」なんていう習慣はありえなかったので、家族でちょこっと賑やかに食べる日、というのは「寿司」か「スキヤキ」だったような気がする。私はスキヤキより寿司が好みだったので、いまだに「なにかあった時のちょっとしたご馳走」といえば「寿司」だと思っておるのでござります。(しかしね、当時の家で食べる「寿司」というものはネ、太巻きやらお稲荷さんやら海苔巻きなどなどなのでした・・^_^; それでも寿司は美味かった)

■防災の日に、くだらんコトしか書かないで終わるのもしゃくだけど、ネタはありません。
毎度お馴染みの父のひとつ話を書いておくか。私の父は関東大震災の日、床屋にいたそうです。丁度頭を刈って貰っていた時にグラグラッときたのです。あわてて外に出てみたら何もかも瓦礫となっているではありませんか。自分が今までいた床屋も目の前で崩れた! 九死に一生を得た父は、首に床屋の白いエプロンのようなものをかけたまま、瓦礫の上を我家まで走ってもどり、我家が崩れず立っていたのを見たときは思わずバンザイを叫んだ。自分も家族も誰も死んでいないしケガもしていない、と満面の笑みで家に入っていったら母の第一声は「お前、頭虎刈りだよ」だったそうです。

あ、これもたいした話じゃなかったか・・・
こんな日記に「カテゴリー」なんかありません。
まったくブログ日記ってのはこういう時困る。

10周年記念行事

八ケ岳歩こう会が再来年で丸10年となる。だいぶ前から様々な記念事業をやろうやろうと言っていたが、本日やっとそのうちの一つのプロジェクトが正式に発足した。その名も「甲州街道完全踏破プロジェクト」。来年の1月に日本橋から歩き始めて毎月1度の予定。全15回のウオーキングは再来年の5月に諏訪に到着して大団円を迎えるという段取りだ。今日は行程の検討と担当者割り振りなど。大いに盛り上がった会議となった。私の担当は参加者に押すスタンプとスタンプ帖の作成。それと、全行程15回のうち最終回が私の担当となった。最終回は特別に諏訪に1泊して踏破記念の祝宴をはろうという訳なのデス。で、何故か私の担当となった、ということはということですね皆様、ハイよく分かりました♪。ご期待に応えたいと思います。楽しい完歩の宴にいたしませう。
小さな目標を持つということは楽しいですねえ。
ちなみにプロジェクトリーダーの風路さんは会議後すばやくブログをたちあげた。いやあチカラ入ってマス

名月と火球

「月光を銀盆に受けて凝固させると銀が出来る」 中世の連金術師達は魔女の儀式のような仕事に熱中していたらしい。今晩は「そんなこともあるのかもしれない」と思わせる出来事に遭遇した。
10月23日は13夜の月を愛でる栗名月。私達は月夜にカヤックを浮べて遊ぶ「ムーンライトカヤック」としゃれこんでいた。
moon008.jpg
まるで舟遊びを楽しむ平安の貴族のような心持。ススキもちゃんと持ち込みました。
先月は中秋の名月で別名「芋名月」。今晩の「栗名月」と合わせて両方愛でるのが正式の月見らしい。どちらか一方しか愛でないのを「片見月」と言うのだそうだ。
moon001.jpg
そんなことはともかく、どうですこの写真の明るさ!本当に月の光だけで撮ったのですよ。
写真家ふじけん面目躍如、オミゴトです。
moon010.jpg
13夜の月は煌々と冴え渡り、湖上には青い影も映って、月の光に負けじと星達もざわめきはじめた。その時だった。
西の空の地平低く、光輝く物体が視界を横切って一線、光度を増しながら横切った
moon-1.jpg
(写真はイメージです)
私達は一斉に「お~っ」と歓声をあげた。しかしその光は低空飛行をさらに続けてなかなか視界から消えない。私達はさらに「お~っ」と歓声をあげ、頭の中が忙しく動き始めた。
「飛行機の落下か」「UFOか」「流星か」「隕石か」
moon-2.jpg
(写真はイメージです)
3度目の「お~っ」を繰り返した直後その光の塊は3つに分裂してスーッとそのまま闇に消えていった。小さな花火が爆発したようだった。固唾を呑んでその光景を眺めていた湖上は一斉に騒がしくなった。「うわ~、あれなんだったんだろう」「随分長かったね」「飛行機から補助エンジンでも落下したのじゃないか」「爆発音が聞こえたような気がした」「あれをUFOだと騒ぎ立てる人も多いのだろうな」「流れ星、生まれて初めてみましたっ」「拾いに行けば隕石が落ちているかもしれない」
冷静に考えてみれば先日極大日を迎えたばかりの「オリオン座流星群」の火球だと思われた。オリオン座流星群の特徴は暗い流星が多い中、突然明るくゆっくりと流れる火球クラスのものも出現する、ということだった。私達が見たものはまさにそれに適合していた。
最後に3つに分裂したのも驚いたが、私は銀盆に貯めた月光の中にそのひとかけらを放り込めば、もしかしたら銀が出来たのではないかと思ったのだった。
月の光のなかで見る火球の飛行は、見果てぬ夢の中の世界のようで、とても現実とは思われなかった。