教師のうつ病 やっぱり・・・

ネットニュースで見かけた記事をコピペしよう。
「やっぱり」としかいいようがない。
赤字は私がつけたものだが、ここが問題なのだ。
文科省は原因として「多忙な労働環境」をあげているが、それは皆が知っている当然のこと。
しかし特殊学級の場合は、「多忙な労働環境」の上に、さらに複雑な問題が上積みされる。
先日の日記に書いた通りだ。
専門知識のない一般の教師が特殊学級を任されている(押し付けられている)状況を打開しないことには解決策がない。
「復職支援」などで問題は解決しない。特殊学級を見る教師の位置づけを明確に規定しないと永遠に「高止まり」である。
--------以下コピペ----
<文科省調査>精神疾患で休職教員5009人 15年度
毎日新聞 12/22(木) 17:01配信

 2015年度にうつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員が5009人に上ることが、文部科学省の調査で分かった。全教員の0.54%で、14年度に比べ36人減ったものの、07年度以降5000人前後で高止まりが続いている。

 調査結果によると、病気休職者は7954人で、このうち6割強を精神疾患が占める。在職者に占める精神疾患の教員の割合を学校別にみると、障害がある児童・生徒が通う特別支援学校が0.66%(560人)で最も多く、中学校0.64%(1524人)▽小学校0.55%(2237人)▽高校0.37%(683人)▽中等教育学校0.30%(5人)。男女別では男性0.51%、女性0.57%だった。

 文科省は高止まりの要因に「多忙な労働環境」を挙げる。経済協力開発機構(OECD)が13年に実施した調査で、日本の中学教員の勤務時間は週53.9時間。対象となった34カ国・地域の平均の週38.3時間を大きく上回っている。授業の準備や教材研究に加え、いじめや不登校の対応、部活動などの課外指導も担い、心身ともに疲弊する教員が増えている。

 復職支援プログラムを設けるなどの対策を始めた学校や自治体もあるが、休職者数に大きな変化は表れていない。文科省は、部活動の実態調査を始めるなど長時間勤務の改善に取り組んでおり「教員の負担を軽減し、精神疾患による休職を減らしたい」としている。

 一方、15年度に強制わいせつや買春、セクハラなどのわいせつ行為で懲戒処分や訓告などを受けた教員は、224人(前年度比19人増)で、過去最多となった。被害者は「自校の児童・生徒」が最も多く、40.7%を占めた。文科省は「メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で教員と児童・生徒が直接やり取りをすることがきっかけとなっているようだ」と分析している。【伊澤拓也】

初春のそろんそろんフットパスは「おやなぎさん」です。

師走の風が一段と冷たい候となりましたね。もう来年のことを喋っても鬼は笑わないでしょう。2017年1月8日(日)に行われるフットパスウオーキングのお知らせです。もうすっかりお馴染みになりました明野の道祖神祭り「おやなぎさん」。今年はちょっと趣向をこらして、「おやなぎさんの制作現場」にお邪魔させていただくことになりました。
wrb3.jpg
綺麗ですね~
明野では毎年小正月ごろ、上神取をはじめとする六ケ所で道祖神祭りが行われています。五穀豊穣や厄除け、家内安全などを願って、竹で作った「おやなぎさん」と呼ばれる全長十メートルほどの大きな神木を竹で作って奉納する習慣があります。
web4.jpg
江戸時代から地域に伝承されています。地域によっては一時すたれていましたが、近年復活させました。道祖神のそばに立てるのですが、見上げると青い空に花火が広がったようです。
furo1.jpg
地区によって微妙に作り方が違うので、見て回るのも楽しいですね
web6.jpg
明野は日本で最も日照時間が長く、晴天率も高いところから「いつも空が青い」ので、おやなぎさんがとても映えます。
furo2.jpg
おやなぎさんは竹をその地区の戸数分に割り、それぞれに色紙を巻いて飾ったもので、祭りが終わると各家がその竹を持ち帰り、魔除けとして屋根の上にのせます。
masuda1.jpg
また、おやなぎさんの竹の先には「さるぼこ」と呼ばれるお手玉のような人形型がつけられています。落ちたものは子どもたちが遊び道具としてもらえるので、糸でわざとゆるく結んであります。最近は子どもたちに分かりやすいぬいぐるみなどもぶらさげています。
masuda2.jpg
さて、
来年度最初のそろんそろんフットパスは、おやなぎさんの制作現場に突撃です♪
おやなぎさんはまず竹を伐るところから始まります。
werb2.jpg
これを戸数分に割っていくのが至難の業です
web7.jpg
地区のみんなが集まって力を合わせます
1-8-6s
伝承された技術が冴えます
1-8-10s
いつまでも継続されるよう願います
1-8-9s
女衆も飾りつけに忙しいのです
1-8-5s
実際には、集落の人数は減っていき、年々制作は困難になってきたのだそうですが・・・
1-8-8s
なんとか頑張ってほしいものです
1-8-4s
というような現場にお邪魔させて頂きます。みなさん「大歓迎」だということです、有難うございます。
syemu3.jpg
■日時 2017年1月8日(日) 9:00集合~12:00解散
■集合場所 北杜市明野野菜集荷場(北杜市明野町上手7620-1)
■要 予約 連絡先☎0551-45-6717(フットパス事務局 原)
■参加費 ¥1.000(保険 おやつ、ガイドブック付き)
■雪・雨天決行

■歩行距離 約4キロ
それではみなさん、お待ちしています。フォトジェニックな道祖神祭りにお出かけ下さい。
syemu2.jpg
※おやなぎさんの紹介文についてはNPOつなぐのガイドブック「明野ふるさとツアー」編を参考とさせて頂きました。当日参加者にはこの冊子をプレゼントいたします。
1-8-18s.jpg
写真は高橋さん、風路さん、シェムニさん、増田さんからお借りしましたが、一部撮影者不明のネットから拝借したものもあります。

「そろんそろんフットパス」12月のテーマは「音を撮る」!?

「音を撮る」じゃなくて「音を採る」(録音する)じゃないの?と指摘されそうですがフフフ「撮る」で間違いないのです(^^)v。快晴の12月11日(日)市川大門を舞台に行われたフットパスは、私達にとって初めての試み「音の絵ハガキづくり」というものでした♪。ゆっくりと地域を歩いて楽しむ「フットパスウオーキング」と、音を手掛かりに環境とのつながりを考える「日本サウンドスケープ(音風景)協会」とのコラボです。
指導してくださるのは日本サウンドスケープ協会のワーキンググループまち・ひと・ネットの代表小菅さんと立教大学の兼古さん。コーディネーターは山梨県立大学の箕浦さん。一体どんなことになるのでしょうね。とワクワクしながらスタッフが集ったのは「旧二葉酒造
12-11-1o.jpg
「栴檀」という酒を造っていました。正面の大木は栴檀です。奥の「安政時代の酒造」を改造したスペースでスタッフの事前準備が始まっています。いつものフットパスとは全く違う事前準備風景です。男性は箕浦さん、女性は小菅さんです。
12-11-2o.jpg
JR身延線市川本町駅前にてお客様をお迎えしました。スタッフも入れて35名の大所帯となりました。
12-11-4o.jpg
今日の道守さんは兼古さん。とても丁寧なご案内をして下さいました。
12-11-5o.jpg
まずはスタートしてすぐの宝寿院境内で「耳をひらくウオーミングアップ」を行いました。
12-11-3o.jpg
町の音には耳で聞こえる音と聞こえない音があります。寺の鐘の音や水路のせせらぎなどは耳で聞こえます。焼き芋屋や竿竹売りの声なども聞こえます。聞こえない音とはなんでしょう?例えば 廃校になった学校の校庭などからは子供たちの遊ぶ声が聞こえるようです。また、使われなくなった半鐘の下がる火の見櫓からはどんな音が聞こえたのか、想像が楽しいですね。夕暮れの路地からはお母さんの「ご飯だよ、帰っておいで~」の声が懐かしく思い出されます。町の音に気を付けながら、あるいは想像しながら歩くことは、町の風景や文化、自分の歴史や思い出、あるいは環境などを大事にすることに繋がっていきます。
12-11-21o.jpg
今日はこの町で、音の風景を探してみましょう。
ここは代官様のお屋敷跡。陣屋門の観音扉を開いてみました。ギ~ッという重々しい音が聞こえてくるかと思えば、砂利を引きずるザーッという音だったのは意外な発見でした。
12-11-6o.jpg
12-11-22o.jpg
中央公園で待っていて下さったのは「旧二葉酒造」の奥様。おそらく市川大門で一番町の歴史や故事来歴に詳しい方です(あ、ご主人の方が詳しいのかな(^^;? 一瀬様とおっしゃいますが、いずれにしても市川マップの会を立ち上げ、町歩きなどのイベントを通してこの町を盛り上げたて下さった功労者のお二人です)
12-11-7o.jpg
奥様から「ひや」についての説明がありました。「ひや」とはこの町を網の目のように結ぶ細い路地(まさにフットパスそのもの)ですが、その細さが尋常ではありません。
12-11-12o.jpg
上の写真は奥に行くほど狭くなっていますが、まだまだこれは狭くない「ひや」の道です。下の写真になると道幅はかなり細くなります。この道もカクカクと曲がって続くのですが、奥に行くほど狭くなり、終には太っている方なら横にならないと通り抜けられなくなるほど狭くなるのです。で、これでも立派な「道」なのです。そこに住む方々の息遣いまで聞こえてきそうです。市川大門の魅力の一つです。
12-11-15o.jpg
下の写真は呉服店を営んでいた青柳さんという方と一緒に写ったスタッフですが、建てた当時は市川一の蔵屋敷と言われていました。
12-11-16o.jpg
格子の木戸をくぐって中に入ると、けやきのあがりかまちがありました。座らせて頂いてまたもや記念写真
12-11-17o.jpg
人物の背景に四段の扉があるのに気が付きましたか。座敷蔵の重々しい扉で左右に開く観音開きです。
12-11-18o.jpg
今日はこの四段扉の開閉をしていただきました。見事ピタっと1ミリの狂いもなく閉まった瞬間、参加者から一斉に驚きの声があがりました。私はこの時現場から遠かったのですが、四段扉の閉まる音はどうだったのでしょうか?誰かに聞きそびれました。想像するに、ほぼ無音で、ただ空気を圧縮していく圧力音とでもいうような音が(音もなく?)肌に届いてくる、といった感じだったのではないでしょうか?
そして豊川製紙。手すき和紙の工程を見学させていただく、本日のハイライトです。
12-11-24o.jpg
「紙すきの音」に聞きほれました。参加者から何名か体験させていただきましたが、やはり「音」が違います。
12-11-33o.jpg
紙の原料となる「楮(こうぞ)」「みつまた」など繊維のある植物が入った液体は職人によってゆっくりと動かされ、優しい波の音を響かせます。和紙の産地として世界的に有名な市川三郷には、昔からこの音が溢れていたのでしょう。
12-11-8o.jpg
この時、新聞記者の宮川さんが調べて掘り出してくれた昔から伝わる「紙すきの歌」を小菅さんが自分のピアノと歌で再現して!これをスマホに録音したものを流してくれました。これは良かったなぁ~♪
しかし200軒あった手漉き和紙の店は、今やここ豊川さん1軒になってしまいました。この道40年の「音」を皆さんも聞きに来てください。その日の様子が12月14日の山梨日日新聞に掲載されました。
12-11-32o.jpg
貴重なものを見させていただいた後は、これも貴重な「蔵作りの教会」を見学
12-11-29o.jpg
マイクやスピーカーといったものが無かった昔は建物そのものが音響効果を発揮できるように設計されていたそうです。特に教会などは説教や聖歌などが後ろの席にまで響くように工夫されていたそうです。時間があればオルガンを弾いてみるところでしたが、割愛させていただきました<(_ _)>
この後、水車跡などを巡って、旧二葉酒造店に戻ってきました。ここでお茶タイムしながら、「音の絵ハガキつくり」です。お茶請けは参加者さんから差し入れの「干し柿」と地元「きんこう堂」のカステラです。
12-11-30o.jpg
旧二葉酒造のご主人一瀬さんがこの酒造とこの町についてお話をして下さいました。
12-11-11o.jpg
さぁ、その間にも皆さんの渾身の一枚(?)が絵ハガキになっていきます。
12-11-25o.jpg
朝の準備はこの印刷のための作業確認でした
12-11-23o.jpg
プリントアウトされた絵ハガキを、拡大した街のマップに貼り付けていきます。
12-11-13o.jpg
兼古さんがまち歩きの振り返りや、皆さんの感想を引き出しながら、最後のまとめのお話をされています。
12-11-27o.jpg
総評の中で、「風景」の「風」とは目に見えないもの。「景」とは目に見えるもの。目に見えないものは「音」の他にも「匂い」や「味」や「皮膚感覚」があります。「風景」を大事にするということは、それら全てを大事にするということです。というお話が目からウロコでした。また、これは最初にお話されたことですが、「音を写真に撮る、というのは例えば、ミレーの晩鐘という絵を思い出してください。一日の作業を終えた農夫が感謝の祈りを捧げている夕景に晩鐘が響いている、といった瞬間の絵ですね。あの絵からは音が聞こえてきます。」というたとえ話も目からウロコでした。写真は必ずしも音の出ているもの(水車や川の流れなど)を撮る必要がありません。いや~奥が深くて楽しい作業でした。
最後に、その場から絵ハガキを投函して解散です。その音を伝えたい人に充てて、一筆添えて送ります。皆さんどなたに投函したのかな(^_-)
12-11-19o.jpg
新聞に記事を書いてくれた宮川さんも投函してくれました。宮川さんは市川三郷の地元出身でしたので、この企画づくりの為に大いにお知恵を拝借させていただきました。調べものも沢山していただき、本当に助かりました。有難うございました。
12-11-20o.jpg
というわけで、楽しい一日が無事終了しました。お世話になった多くの皆さま、有難うございました。また違う町でやってみたいですね♪ あ、打ち上げにでられなくて残念でした(T_T) 

第八回八ヶ岳UFOコンベンション

これが終わらないと師走が始まらない。私にとって初冬のメインイベントです。
もう八回目になりました。八ヶ岳UFOコンベンション。
7-18-3-400.jpg
夏前から打ち合わせを始めていました。実務担当の山木さんと企画担当のマジョさん。
ほとんどの事はこの二人がいないと前に進みません
7-18-1-400.jpg
さぁ、本番。13:00開会ですが、スタッフは10:30から集まって準備に余念がありません。
12-3-18u.jpg
12-3-12u.jpg
そして
今年も総合司会は愛ちゃん。進行が楽しくスムースです。
12-3-3u.jpg
会場はネオオリエンタルリゾート八ヶ岳。少しあやしい(?)雰囲気が今日の会にピッタリです
12-3-27u.jpg   12-3-28u.jpg

今回も満員御礼、スタッフも含めて130名となりました。
12-3-8u.jpg
事情により急遽沖縄から講師として駆けつけてくれた中津川昴さんがトップバッターです。最新UFO情報とアカシックレコードの話を織り交ぜながらの楽しい講演です。終わってもファンの皆さんに取り囲まれて大変でした。
12-3-5u.jpg
休憩時間も話が弾みます。
12-3-6u.jpg
二人目は木内鶴彦さん。臨死体験、死後体験のお話が面白い。そしてそこから学んだことは「地球環境を大切に守るということだった」ということです、へ~え(^^)v!、その必要性を真剣に語ってくれる姿に私はうっかり、「臨死体験も悪くないなぁ」と思ってしまったのです(^^;。
12-3-26u.jpg
最後の講師ははやし浩司さん。先のお二人は当コンベンションでもおなじみの講師でしたが、はやし浩司さんは初めての出演でした。いや~やっぱり最高でした。
12-3-4u.jpg
UFOから先史文明までいろいろ調べていくうちに、つい最近になって大変な事実に遭遇してしまったらしいのです。あまりにそれが「大変」すぎて今まで調査してきたことは「もうどうでもいい」ことに見えるくらいだそうですが(≧▽≦)、今日はひとまず「どうでもいいこと」の講演をしてもらいました。「縄文イナンナ説」という興味深いお話でした、ちっとも「どうでもよくない」お話でした。で、近いうちに当コンベンションでその「どうでもよくなってしまった事柄」が何なのかをお話してもらいましょう♪

さあ、ディナータイムです。これが超豪華!
12-3-13u.jpg
田中総支配人が「おいおい、キッチンの連中大丈夫か」とあまりのサービスぶりを心配していました(^^)v
12-3-15u.jpg
乾杯は参加者さんの中から皆勤賞の藤枝縁さん。
ご自分でも本を出版されており、その宣伝も兼ねて。
12-3-17u.jpg
さあどんどん食べましょう
12-3-14u.jpg
お腹いっぱいで動けません
12-3-9u.jpg

食後もまだまだたっぷりと楽しいお話がありますよ。
12-3-19u.jpg
講師のお三方に登壇していただきました
12-3-2u.jpg
司会はマジョさんにバトンタッチ
12-3-21u.jpg
会場の声を拾いましたが、いや~皆さんすごい体験をお持ちです♪
12-3-20u.jpg
参加者さん達と講師の方との「ぶっ飛んだ」やり取りで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
12-3-22u.jpg
そして最後の「ベントラタイム」
去年は司会の愛ちゃんがUFO写真をスマホにおさめました。
12-3-24u.jpg
カウントダウンで灯を消して、皆でUFOさんを呼びました♪。
今年はどなたが撮影に成功するでしょうか
12-3-25u.jpg
帰ってPCで拡大してくださいね。

今回もとっても楽しい会となりました。
お馴染みの方々とも再開できました
12-3-1u.jpg
あ、スタッフ全員の皆さんと写真を撮るのを忘れた(≧▽≦)
12-3-23u.jpg
では、ひとまず、報告はここまでとします。
また来年お会いいたしましょう。
12-3-11u.jpg

特別支援学級の話し。

今日はちょっとマジメ。長文です。
仲間と毎月1回発行しているメールマガジンに書いた記事を転載します。

【多賀屋の八ヶ岳与生】 
   ~「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に生きる話~ 

 ■今月は「八ヶ岳」とは関係のない話を書きます。
                 小中学校の「特別支援学級」の話です。

    少し前までは「特殊学級」と呼ばれていました。「あすなろ学級」や
   「養護学級」等、学校によって様々に呼ばれている場合がありますが、
   「肢体不自由者」「身体虚弱者」「視覚障害者」「聴覚障碍者」「知的
   障害者」「その他の障碍者」に教育の機会を開き、生活上の困難を克服
   し自立を図る目的であることは同じです。
   小中学校の間は義務教育なので、希望する親はいつでも子を入れること
   が出来ますが、必ずしも全小中学校にその学級が置かれていませんので、
   その場合は学区を超えて通学することも可能です。

    1890年に長野で、1901年に群馬で、1905年に大阪で次々に特殊学級が
   「実験的に」設置されるなど、その歴史は古いです。1926年、東京に「吃
   音学級」が設置され最初の言語障害特殊学級となりました。
   その後「身体虚弱特殊学級」「弱視特殊学級」「難聴特殊学級」「肢体不
   自由児対象の養護学級」などが主に東京の学校で順次設置され、ようやく
   1947年「学校教育法」制定により、特殊学級の位置づけが法的に明確とな
   りました。(2006年「学校教育法」の改正により「特殊学級」が「特別支
   援学級」と呼称が変りました)

    ここまでは単なる「特殊学級から特別支援学級への変遷の歴史」です。
   今日書きたかったのは学級を任される「教員」の資格の問題です。
   変遷の歴史を一読すれば、一口に「そこに通う生徒」といっても「目の悪
   い人」「耳の聞こえない人」「肢体が不自由な人」「吃音の人」「知的障
   害の人」などなど様々だということが分かります。
   その学級を担当する教員はかなりの専門家か、教育をうけてなんらかの免
   状か資格を取得した方々でないと勤まらないはずと、私は思っていました。
    しかし現状では「教員免許」を持っていれば誰でもが任されてしまうの
   です。逆に、「教員免許」を持っていないと「特別支援学級」で教えるこ
   とはできないことになっているのです。このことは「普通の教員が特別支
   援学級に人事異動された場合、生徒に専門的指導ができない」という側面
   と「専門的指導が可能な人物でも教員免許を持っていないと指導ができな
   い」という側面の、両面からの弊害となって表れてきています。

    「教育職員免許法」というものがあり、「特別支援学校教員は特別支援
   学校の教員の免許状を有していなければならない」となってはいますが、
   同法附則の16で「当分の間は特別支援学校の免許状がなくても特別支援学
   校の教員となることが出来る」となっており、事実上の骨抜き法とされて
   いることが大問題です。
    専門の教員不足等の問題もあるのかと思われますが、それならば「教員
   免許がなくても有資格と認定された専門家は特別支援学級の教員となるこ
   とが出来る」と附則に付け足しては如何だろうかと思うのです。
    例えばある症状の生徒には言語聴覚士の援助が必要だとします、しかし
   現在のところ「何も特別知識のない一般教員」が対応にあたっています。
   一方、言語聴覚士などの多くは教員免許をもっていません。従ってそれら
   の知識や技術は特別支援学級では発揮できません(彼らは主に病院などで
   働きます)。教員免許と他の専門資格の両方を取得することは、時間的に
   も金銭的にも相当な負担を伴います。両方の資格を持つことは現実的では
   ありません。現状では多くの特殊な事情を抱えた子供たちが、なんらの専
   門知識を持たない普通の大人に預けられている、といった状況にあると最
   近知った私は驚きました。それでいいのだろうか?

    また、教員たちにとって、特別支援学級に人事異動されるということは
   多くの場合想定外で、現実には「左遷」と捉えられているケースも少なく
   ないようです。そんなケースでは教員自身がやる気をなくし、生徒たちを
   「適当に」見る、といった状況が発生する危険も孕みます。
   一方で「特別支援学級」こそ働き甲斐のある場所だと、意欲に燃えた教員
   も多くいるはずです。そんな教員には有効な資格や免状を取るための勉強
   期間として1年~2年程度の有休制度を設けたらどうかと思うのです。
    先ほど「附則に付け足しては」と書きましたが、実際にはそんな姑息な
   手段ではなく、特別支援学級の教員資格については抜本的な改正をしてい
   ただきたいと私は願うのです。
   そうでなければそこに預けた親もそこに通う生徒も「困難を克服し自立を
   図る」ことなど思いもよりません。

    こんなことを急に書いたのも、今春、娘が言語聴覚士と教員免許を持っ
   て、ある学校の特殊学級で仕事をすることになり、そこでの様々な矛盾と
   問題点をなんども聞かされ、現実を知ってしまったからなのです。
   幸い私には「子供の教育の実践家」で「子供の教育」を自らの主張のメイ
   ンテーマとして論陣を張り、今年の参議院選挙で国会議員に当選した友人
   がいます。その国会議員に話をぶつけに行こうと考えていますが、その前
   にまずここで読者の皆さんがどのように思われたか知りたく、このMMの
   趣旨とはまるで違うことを承知で書いてみたのです。申し訳ありません。
   何か思うところがあればメールをくだされば有難いです。
                          (文責 S・多賀)

   ※多賀さんの記事に、長年障害児教育に携わっていたスタッフの1人から
    感想が寄せられました。以下に編集長の一存で掲載させていただきます。

   多賀さんへ
    感想はここに書ききれないくらいあります!

    私が教員採用試験に受かって、東京で面接を受けたときのこと。
    普通学級・障害児学級・養護学級の3つから希望を聞かれました。
    もちろん普通学級の免許しか持っていません。

    そのときの面接官のことばを良く覚えています。
    「障害児学級で3年我慢したら普通学級の教員にしてあげます」
    教育に携わる人の感覚がこれか~!と衝撃でした。

    「どこでもいいです」というと障害児学級に配属されました。
    その後25年学校は変わりましたがずっと障害児学級。
    子どもたちとけっこう、うまがあって(?)楽しかったのですが、
    教育行政や学校という組織や体制にはずっと疑問がありました。
    お嬢さんの気持ち、よくわかります。(わかるような気がします)

運動会になぜ徒競走がないか。

この時期、小中学校は運動会の花盛りのようですね。聞くところによると、もうだいぶ前から運動会では「50m競争」など順位がつくプログラムを組まない学校が増えているらしいですね。理由は「児童にムダな競争をさせない」「順位をつけることによって差別やイジメなどが起こりやすくなる」などなどその他もっともらしい理由を沢山聞いたことがあります。
が、今年から小学校の教諭になった娘から、それはまるで違う理由からではなかったかと思わせる話を聞いた。
娘の学校ではまだ徒競走をやっている(私はそれはいいことだと思う)。先生の中から「写真班」というのが作られ、ゴールで写真を撮るという仕事があるのだそうだ。「記念」のためではなく「判定」のためにだそうだ!!しかしこれがなかなか難しい。正面から撮ったのでは微妙な差が判定できない。かといってゴールラインの横から撮っても、人物が重なって判定不能な写真となることも多い。どうするのがいいのかは娘から聞かなかったが、ともかく真剣に写真班は仕事をしなければならない。何故そんなことをするかというと、着順にPTAがウルサイからだという(-"-) 中には着順だけでなく、「コース取り」にまで文句をつける親もいるらしい。「ウチの子が一番外側なんて絶対おかしい、一体どういう基準でウチの子を外側にしたのか教えなさい。もっと普段からウチの子を見ていれば真ん中のコースがふさわしいと分かったはずです!」などなどとイチャモンを付ける親が必ずいるのだそうだ。まして着順を誤って判定された親は黙っていない。そこで写真判定にもつれ込むのだそうだが・・・。一体どういう親の育ち方をしたのだろうか(*_*; 運動会は着順が大切なのでなく、各自が持っている力を出して何かに挑戦する、その一生懸命さを称える場であるはず。おそらく娘の働く学校は校長先生が毅然としてそのことを親に伝えようとしているから徒競走を続けているのだろう。しかし、親のクレームを極力避けようとする学校は徒競走を運動会から外すことになるでしょう。
そういったいきさつから、最近の運動会には徒競走がないという流れになったやもしれぬ、という視点を、娘の話から得た次第。
実際は知らぬが、学校に勤めるということは、生徒と仲間の教師と、PTAを相手にしなければならず大変なことだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。